TOP

風俗マン(私)の風俗体験談を綴っています。

彼女への信頼は揺るがない

Jちゃんはここ半年くらいヘビーローテーションしている池袋のデリヘル嬢ですが、決して彼女だけって訳ではないんです。たまに他のデリヘル嬢を指名することもあるんですけど、次は彼女に戻りますね。ちょっと古いですが、「権藤、権藤、雨、権藤」のペースです(笑)
デリヘルも相性ってあると思うんですよ。こればかりは実際に肌を合わせてみないと判断出来ない部分じゃないですか。ホームページを食い入るように見ても、池袋を特集した風俗情報誌を穴があくまで見た所で相性だけは分からないですしね。
だからこそ、相性抜群の彼女への信頼感はゆるぎないものがあるんです。彼女を指名しておけば間違いない。自分ではそう思っていますし、何より彼女の存在があるからこそ、時には他のデリヘル嬢にって気持ちにもなるんですよ(笑)仮に満足度がイマイチだなって思っても次は彼女を指名すれば良いんです。それくらい彼女への信頼感は揺るぎないものがあります。間違いなく現役最多勝ですね(笑)
ただデリヘルは刺激も大切なので、時には違う女の子と楽しんだ方が、彼女の良さも改めて実感出来るなって思いもあるんですよ。池袋はたくさん女の子がいるので、そのあたりは苦労しないですね。

池袋で目移りはしませんよ

一途な自分は、今のお気に入りのデリヘル嬢から浮気はしません。池袋のデリヘル(https://fuzoku.jp/tokyo/a_2005/biz_4/)で働くKちゃんというデリヘル嬢が自分のお気に入りの子なんですけど、彼女が辞めるまではきっと風俗では彼女しか指名しないんじゃないかなと。それくらい自分は一途です。
いろんな刺激を味わいたいって気持ちもゼロではないんですけど、ただ安心感のある女の子との方が結果的には満足感の高い時間になりますし、それに顔も覚えてもらっているので嬉しさもあるんですよ。彼女を指名して顔を合わせると笑顔で「久しぶりじゃん」って迎えてくれる。それが嬉しいんですよね。確かにそこには刺激はない…というか、他のデリヘル嬢との時間と比べれば薄いかもしれませんが、刺激の代わりに彼女との時間には安定感や安心感があるんですよ。彼女相手であれば絶対に楽しめるという安心感もありますので、ついつい彼女を指名してしまうんです。
でも必ず満足出来る時間になるので、結果的にはかなり嬉しいものになって満足な時間になるんです。